HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
娘も小学校3年生になりました。
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
まさおくん 大劇場 千秋楽

JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

 

昨日は宝塚 月組トップ 龍真咲

退団公演 宝塚大劇場での千秋楽でした。

twitter で確認したところ、

入りは銀の亀の甲羅背負ってたとかw

千秋楽後のパレードのお写真もみました。
すがすがしくて、よい表情でした。

 

きりやんが退団してから

宝塚は本当に「これ観たいわー」という

演目しか見に行ってないし、

(といってもきりやん在団中もさほど観ていませんが・・・)
年に数回程度の観劇でしたが、
その中でもやはり、月組は
名前と顔がわかる人が多いので、
ホームな感じでした。
ひよっこ宝塚ファンですので、
私の表現やとらえ方、いろいろ間違っているところも
あると思うのですが、
まさおくんは最後まで
キラキラだったなーという印象。
きりやんからトップを継いだあたりは
みりおくんの準トップとか
もうよくわからない状態で、
大丈夫?と思ったのだけれど、
そしてどんどんまさお節が濃くなって
そちらも大丈夫?と思ったのだけれど、
あれはあれで中毒性があるから不思議w
歴代のトップの方がそうだったように、
トップになれる方は本当にごく僅かで
そのチャンスをつかんだのだから、
「自分らしさ」をもっと押しだすべき
というのをまさおくんをみていて思いました。
とはいえ、宝塚ファンだったまさおくんは
「ここでこうしたら、ファンが喜ぶ」
ということを心得ていた方だと思う。
本拠地での千秋楽を終えて、
残すは東京公演ですが、けがや病気がなく、
東京公演千秋楽を迎えて欲しいと思います。
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
珠城りょう君 おめでとう!・・・なんだけど
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

先週、宝塚 月組次期トップとして
珠城りょう、相手娘役として愛希れいか(現在も娘役トップ)
が発表されました。

既に初日を迎えている「激情」
りょう君&ちゃぴ(愛希れいか)で、この全ツ(全国ツアー)が
発表された時に、なんとなく違和感を感じていたのですが、
こういう結果になったのですね。
→浅いヅカファンなので 脳内???でしたw

ちゃぴはまさお(龍 真咲)と添い遂げ退団をするもんだと
勝手に思っていたので、ちょっと拍子抜け。
→まぁ、でも退団するならもっと早くに発表があるので、
継続するのはわかってましたが。

二人のお披露目発表は
文京シビックホール公演『アーサー王伝説』
ということですが、なんですかね、大劇場でのお披露目は
スカーレットピンパーネル なんじゃないのかなー。
とこれまた、勝手に思っております。

きりやんを本当に尊敬していて、
ことあるごとに、霧矢さん、霧矢さんと言ってくれる
りょう君。安定感もあり、誠実なお人柄で
私も大好きです。
月雲の皇子は本当に素晴らしかったし、
実力もあると思います。

ファンの皆さんにとっても今回のトップ就任は
本当に嬉しいことだと思います!

・・・でもね。
私はもうちょっと2番手として、活躍して欲しかったなー
という気持ちも大きいのです。
もっと色々な役を演じた上で更にPOWER UPした
珠城 りょうでトップになって欲しかったなーという思い
というと伝わりますでしょうか?

先日バッチリ2番手で階段降りてきたばかりですよね?
これから組を引っ張る側になる
それはトップとしてだけでなく、
どうしたら組全体を良い方向へ持っていけるかを
2番手としての位置から考える時間というのも
必要なんじゃないかなーと思うんです。

2番手時代が長すぎて、そのまま退団していく人も
多々いらっしゃるので、難しいところではありますが、
現状でトップに就任しているということは
既定路線の上にいるわけで、
間に一人挟んで2〜3年後に最強トップ(というと言い過ぎか)
で良いのではないだろうか・・・。
と思ってしまうのです。
もっと幅を広げて引き出しを増やしてからの
トップじゃまずいのだろうか?
急いでりょう君をトップにする意味って何なのかしら?

劇団は海外発信を強めていく方針のようなので、
これからは海外公演を増やして、そのために
体力、気力の溢れる若手を抜擢してきたのかなぁ?
などと、嬉しいニュースの裏で色々考えてしまいました。

トップになったら、いつまでもトップでいられるわけじゃないし、
その先にはいつになるかわからないけれど
「退団」が見え始めるわけじゃないですか。
信頼しているし、頑張って欲しいと思っているので、
余計に「え?もうトップになっちゃうの?」という
気持ちが強いのかもしれません。

おめでとう!という気持ちと
なんか、こう、もやもやする気持ちが同居しております。

今回の全ツ、始まったばかりですが、
りょうくん&ちゃぴ 好評ですね!
娘の習い事やらなんやらでお金も時間もなく
見に行くことが出来ないのが残念でなりません。

まさおの退団公演は絶対見たいのですが、
えー。チケットが取れるのか?というところですかね。
最近、友の会の抽選、絶不調なので(>_<)

りょう君、決まったからには頑張れ!
(あれ?なんかきりやんがりょう君に送った台詞みたいw)
応援しております!
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
まさちゃぴで退団?!
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

また随分とブログをほったらかしにしておりました。
すみません。

そして先月のシルバーウィーク
中日を埋めて、アメリカ旅行に行ってきました。
こちらはこれから徐々にアップしていきたいと思います。

そしてそしてきりやん出演の「ラマンチャの男」
大阪、松本公演はアメリカ旅行にぶつかったり
予算の関係もありで、帝劇で一昨日 MY初日となりました。
感想に関しても後ほど、じっくりと書きたいと思います。

あれこれ書きたいことがあるのですが、
昨日発表になった月組の来年の作品のことを
リハビリ的に書こうかなと思います。

この11-12月公演の「舞音」という作品では
ちゃぴ(愛希れいか)ちゃんがタイトルコールを演じたり、
ミュージックサロン(いわゆるディナーショー)に出演したりで
退団フラグが立っていて、ちゃぴちゃん退団か〜と勝手に思ってました。

※トップ娘役は退団前にミュージックサロンに出演することが多いので。
そして最期の華でタイトルコールっていうも多いらしく。

でも全然退団発表がなかった。
・・・と思っているところに来年の春に
たまきち(珠城りょう)とちゃぴちゃんで全ツ(全国ツアー)
という知らせが!
え???という感じでした。
まさおはまさおで、またコンサートです。
まさちゃぴ 仲悪いの?w

今年「1789」という作品でちゃぴがマリーアントワネットを熱演しました。
彼女のお芝居、とても評判が良かったのですが、
その時もトップ相手役ではなく、言い方かえるとトップの敵側の役だったんですよね。
トップのお相手は別の娘役さんがWキャストでした。
※作品上仕方なかったとは思いますし、実際ちゃぴちゃん好演だったのでよいのですが。

その後のまさお(龍真咲)はコンサートDragon Ngiht
ちゃぴちゃんはミュージックサロン

今度の舞音は久々のトップとトップ娘役がガッツリ組む作品

・・・でまた離れてたまきちのお相手をちゃぴちゃんがする。
なんか腑に落ちないわけですよ。
作品がカルメンをモチーフにした作品
たまきちを翻弄する存在感が必要な役ですので、
ちゃぴちゃんお似合いなんですけどね、
そこでたまきちのお相手していないで、まさおと一緒に
いて欲しいのは私だけでしょうか?
そんなことを思っていたのですが、
昨日の作品発表で、まさちゃぴで退団するのか・・・と思いました。

2016年 公演ラインアップ
6〜9月
NOBUNAGA<信長> −下天の夢−
Forever LOVE!!


NOBUNAGAは
龍真咲演じる織田信長が、戦国乱世の下天を華々しく駆け抜け、そして、飛翔する。
そして
Forever LOVE!!
永遠に輝き続ける“愛”がテーマ

トップスターさんの退団公演は本人のお名前が入ったり
ラストであるような文言が入ったりするんですよ。
今回のKeywordは『Forever』じゃないですかね?

飛翔しちゃうし、Forever だもんね・・・
多分そうなんだろうなぁ〜と。

たまきちと全ツを回るちゃぴちゃんが残るというのは
ないんじゃないかな?
勝手にそう思っているので、多分同時退団になるんじゃなかろうか。

はぁ〜。
そうなると次はどうなるんですかね?
たまきちにはまだ早すぎると思うので、
ワンクッション入ると思うのですが・・・
 
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
マギー
一般的に
マギーといったら、ハーフタレント(?)モデルの
マギーさんでしょうけれども、
宝塚でマギーといったら
月組の星条 海斗さんですよ!

そしてそのマギーが専科に異動のニュース!

宝塚には花月星雪宙と5組あるのですが、
それ以外に専科があって、組に属さず、各組の公演に出演するのです。


きりやんが退団してからの月組の舞台で
安心してみていられるというか、
月組だ!と思えたのはマギーがいたからかもしれないなー。
実力のある方ですし、活躍の場が広がるのは
嬉しいことですけれど、
月組からマギーがいなくなってしまうのは
寂しいなぁ・・・

きりやんと一緒に月組の舞台に立っていた人が、
異動したり、やめて行ったりと
こうやって月日は過ぎていくのだなぁ。

でも、マギーだったら、どの組でもいい味出せると思います!
頑張れ〜!
 
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
SMAP×SMAP 宝塚100人!
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

1/6放送のSMAP×SMAPに宝塚現役生100名が登場!
もちろん見ましたよ〜。
花組、星組、宙組の皆さんでしたね〜。

れおん先生のダンスレッスン
蘭とむ先生の階段降り
かなめ先生のお芝居
・・・でしたが、
娘役さんたちの出番があまりなくて残念。

そして歌劇団なのに、歌もなくて残念。

デュエットダンスとか
もっともっと見て欲しいものが沢山あるのに〜
ま、時間が限られているし仕方ないけどね。

みりおちゃんの素の表情が多く
もうちょっと気取りなさい!と
冷や冷やしてみてました。 →親心w 

うーん。でもちょっとひっかるのは、
蘭はなちゃん。
蘭寿さんが一番素敵。
トップさんにときめく気持ちが娘役には必要と
仰っていたのだけれど、
それ聞きながら、
『でも、6月になったら、みりおが一番素敵って言うんだよね??』
・・・と思ってしまった。
夢を売る世界ですし、私だってわかってはいますが、
もやもやが・・・。

まぁ、続けるのも辞めるのも本人の意思だと思うし
いつ辞めても全然問題ないんだけど、
さすがに再々婚(まとぶん→蘭とむさん→みりお)なので、ね・・・。
ご本人は蘭とむさんと一緒にと思っていたけれど
諸事情でこうなったという噂もあり、
本当のところはわかりませんが・・・。

劇団にしたら、みりおトップは100周年の
目玉の1つなんでしょうが、
私はもう少しみりおには色々な役で
幅を広げて欲しかったなーという思いが未だにあります。
きりやんのいた月組で育ったみりおが好きだからこそ
こんなに急いでトップにしなくてもいいのにと思います。

みりおは確実にトップになる人
だからこそ、もう少し時間をかけても良かったんじゃなかろうか。
準トップとしてまさおを支え、
組換えして2番手(肩書きは準トップらしいですが)
もう1世代2番手としていろんな役をみれたら良かったな・・・。

楽しい番組をみつつ、
なんか色々と考えてしまいました〜^_^;

SMAP×SMAP 宝塚のあとはガガ様登場。
彼女、本当に才女ですね〜。
話しぶり、内容から頭いいわーと感心してみておりました(*^。^*)
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
月雲の皇子
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

昨日は 月組 バウロマン 月雲の皇子を
天王洲アイル 銀河劇場で観劇。
私にとって今年の舞台納めです。

激戦のチケットを今回はお取次ぎしていただくことができ、
初めて会場でチケットを頂くという・・・・
そしてかなり良い席でびっくり(>_<)
ありがとうございました!!!

オペラ不要、かつ全体もしっかり見えるお席で
本当に話に集中できました。

2幕、私の周りの方々は総泣き
会場もすすり泣きが響きわたる中
もれなく私も目から大量の涙でございました。

特に母が自分の本当の子ではない娘の
素性をしりつつ育て、手放すシーンで
決壊です(>_<)

いやぁ、たまきちくんの代表作になるだろう
今作品、出演者の皆さんそれぞれが
本当にすばらしかったですよ。

宝塚の中では月組を見ることが多いのですが
それでもやっぱり回数も少ないので
まだ名前が一致しない人や、
今回初めて認識した方々もいっぱい。

大劇場だとどうしても出番が少ないし
あぁ、こんなに上手なんだ!
改めて感じる方々もいました。

その中で
からんくんは良かったなー。
木梨軽皇子が果てるシーンでの熱演
どちらかというとかわいらしい役が
多い気がするけれど(今回も木梨軽皇子の少年時代や
蜘蛛族でもやんちゃ担当な感じ)
もっと男くさい役を見てみたいと思いました。

そして輝月ゆうまくん!
台詞回しもコメディ的な要素も凄く良かったです。
それでいて、空気を作り出すのが上手な人だなーと思いました。
年老いた役でしたが、違和感なく
むしろ専科さん?と思わせるような存在感もありました。
これから注目してみたい!と思いました。

そうそう!蜘蛛族が戦いに向かうシーンでの
コマ送りのような画像のような演出
とても良かったです。

ことし最後の作品が本当に良い作品で
幸せでした(*^。^*)
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
今更の月組 ルパン −ARSENE LUPIN−/Fantastic Energy!
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

今更ですが、9月は2回
月組 ルパン −ARSENE LUPIN−/Fantastic Energy!を見に行きました!
初見はセディナ貸切公演
2回目は9/23昼公演でした。

なんとなくのストーリーとかは把握していきましたが、
よくわからないままあれやこれや進んでいきます。
最近こういう細かい設定とか、あれこれ考えなくなってきて
全体がよければそれでよし!みたいになってます^_^;

とくに北翔さんとまさお君の絡みのあたりがなんだかなー
北翔さんが悪いんじゃなくて、あの役って何?という・・・

それからちゃぴちゃんの役だってあの時間内に
まとめないといけないから仕方ないんだろうけど
なんでアルベール(ルパン)を特別に感じているのかが
わからん。恋に理由なんてないけれど、
一応後見人が3人もいて、その中でなぜ彼なのか、
そういうのが全然なくてわかりづらかった(-_-;)

コロスのシーンはいいですねー。
一人、あ!この人!という人がいたのですが、
すみません月組を応援しているものの、
誰なのかさっぱりわかりませんでした。
下手側、下手から2か3番目の人だったかと。

でも、人事異動で、なんかみていて
あれ?今月組だよね?な感覚が・・・

マギーとすーちゃんが出てきて安心!
という感じでした。
安定のお二人。マギーの3枚目素敵です!

リュウ様は退団公演でもあるし、もう少し
魅力的な役が良かったなーと思ったり。

まさお君、ああいう高速しゃべりに
まさお節が加わると、好みが分かれるんだろうなーと。
でも私、きらいじゃないですw
(若干頭の中でこれがきりやんだったら・・・
と妄想はしましたがw)


ショーはもう、一言で目まぐるしいというか
観客として心配する位な早着替えの連続・・・
これでもか!これでもか!
という人数攻撃
ほっと一息して、ソロを聞くと
またもや多勢攻撃!という
行き着く暇がないままあっという間に終わりました。

その中でも
北翔さんの歌、すばらしい!
そしてダンスも!
専科さんですが、なんかその圧倒感みたいなものが
ありました。

そしてマギーのソロも良かったなー。

ちゃぴちゃんの踊りを見ながら
まりもちゃんを思い出していました。
男前を引き継いでるなーと感じました!
もう月組の伝統にしちゃえ!
男前な娘役!

そして私、みやるりちゃん、こまちゃん好きかも〜と
思いました!
みやるりちゃんは全体的に、こまちゃんは顔が好みです(笑)
なんだろう、目線?
お二人とも色気ある目線が素敵〜と思いました。

まさおくんは色気というよりキラッキラッ
弟キャラな感じ
(もう花組ですが、みりおちゃんのほうが色気的な
目線はあった気がします)

というわけで、
久々の月組 オリジナル作品+ショー
やっぱりショーはいいな!
楽しいパワフルなショーをみて元気になりました(*^。^*)

そうそう。
23日公演はデイキャンプの娘を朝新宿まで送りに行った足で
東宝劇場に行ったのですが、いつも公演ギリギリだったので
開場と同時に劇場に入ってあれこれびっくりしました(笑)
開場は10時だけど、席に入れるのは10時半とか
知りませんでした〜!!(爆)
そして、いつもは降りていて当たり前の公演タイトルの幕!
あれも15分前くらいに降りてくる〜(笑)
どれだけいつもギリギリなの?と思いました。
ちょいと反省w


 
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
3/23 午前 ベルばら観劇@東京宝塚劇場
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団
 
土曜日、ベルサイユのばらを
母と観劇しました。

今回は1階5列という良い席が取れたので
母の誕生日お祝いです。

結果、大変満足頂けたようで
うれしい限りです。
まずはゴージャスなお衣裳
ストーリーも原作を知っているとはいえ
全体的にわかりやすくてよかったとのこと。
まさおくんよりはみりおちゃんが気に入ったこと。
でも二人とも目力が弱いこと
やっぱり前の席はいいわねー。
ジェンヌさん顔ちっちゃい!
ダルマの子たち、足太いわね、
母の意見はこんな感じかな(笑)

1幕最後の『今!』の歌のところ、
今!今!今!今!今!
って、途中から
いつやるの? 今でしょ! 
って脳内変換されてた母娘です、
真剣に演じられている皆様
本当に失礼いたしました<m(__)m>

私も一応、原作読んで観に行ったのですが、
え?そっから?という冒頭の出だし、
そして途中えぇ?原作半分くらいカットしてますよ?!
とびっくりな展開でしたが、
オスカルとアンドレ編なので
これでよいのでしょう。

植田歌舞伎と聞いておりましたので
仰々しい台詞も大ぶりな演技も
言い回しもそのようなものなのだと
全部を受け入れる姿勢でみたので
大丈夫でした。

なにより、マギーが素敵でしたよ。
アランがぴったりでした。
マギー以外のアランは考えられないほど!

まさおくんのオスカルは
ちょっとジャッキー(Me & My Girl)を彷彿させましたが、
キラキラしていたなぁ。
もう少し男っぽくてもよかったなぁ。
ちょっときゃぴきゃぴしていたなぁ
るんるんしていたな〜

〇〇なんだぞっ! とかいうあたりのイントネーションとかが
女子でしたw

でも本来のオスカルは女性が男装しているのだから
そうあるべきなのかもしれない。
男役がやる女性ではないのだものね。

でもやっぱり長台詞というか
説明口調の台詞がちょいと
聞き取りづらかったです。
これは台本の問題かもしれないけど。

みりおちゃん
あぁ・・この1年間 本当に頑張ったんだね
そう思いました。
近くで観たらこの1年ですっかり痩せてしまって
顔ちっちゃすぎ。

お芝居も歌も格段によくなったきがします。
自分のまわりの空気を醸し出すお芝居だったな。

前日、タンゴのシーンで転んで
そのあとの早着替えでブーツのファスナがー
上がってなかったというので
心配していたのですが、
どうやら大丈夫だった様子。
良かった!

私、きりやん退団後の月組をみるのは
恥ずかしながらこれが初めて。

怖かったんだよなー。
まさおくんやみりおくんだけで
大丈夫かしらと変な心配したり、
やっぱりそこにきりやんがいないのだという
舞台を少し避けていた面あり。

でも大丈夫でした。
なんというか安心してみることができました。
それが一番うれしかった。
やっぱり私、月組さんが好きです。

オスカルとアンドレをまさおとみりおで
観ることができた。
それは本当に素敵なことなんだと
かみしめて舞台を見ました。

2幕は結構すんなりと
しみこんできました。

予習した過去のベルばら何点かでは
苦しいほどの愛が正直
感じられなかったのですが
二人には違和感なく、二人の間にある信頼
どちらが欠けても自分ではないという
本当にふたご座のような空気がありました。
(映像か舞台かという点で
生で観た今回が一番良いのだと思いますが)

原作で泣いてるんですけど
2幕は結構 涙でました・・・

空飛ぶ馬車は色々なご意見がありましたが、
中に乗るお二人が美しくて
素敵でした。2F席の方もあれはうれしいのでは?

それにしても
まさおくんもみりおちゃんも頑張ってるなー。
トップ 準トップってなんだよって
ずっと思ってきた
それでいて舞台を見なかった自分
反省です。

二人は二人で力を合わせて
よりより舞台を作ろうとしていた。
切磋琢磨
去年の今の二人とはまるで別人のようだった

正直なところ準トップ制度は
まさおくんが頼りないから、2番手より上の位を
作ったんだろうと思ってました。
でもそれは間違いだったな。
この1年の準トップはみりおちゃんに
力を付けさせるものだったのだと実感しました。

2番手ではなく、それよりも重い責任を課すことで
彼女は本当に強くなったんだと思う。
振る舞いでそういうのが表れていた

月から離れてしまうのは本当にさみしい
でも彼女はトップになる人だから
これからも応援していきたいなーと思います。

ベルばらみれて良かった!
やっぱり宝塚素敵って思った!
次はBASARAかな・・・
話全然分からないけど。

遠征はちょいと無理なので、
ミーマイみれないな!
月雲お皇子もみたかったな!
ガーシュウィンのもみたかったな!

ルパン、ショー大丈夫かしら・・・

あれこれ先のこと考えちゃいましたw
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
ベルサイユのばら に向けて
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

アルジェの男を見たとき、
やっぱり一度は宝塚の
「ベルサイユのばら」見てみたいなー
と思いました。

そしてまわりまわって
月組でベルばらが見れる!
私の初回宝塚ベルばらは来月
千秋楽の前日です(゜-゜)

西も東もチケットとるのが大変のようで
さすがベルばら!
でも個人的には
宝塚=ベルばら
という認識はないので
ベルばらだけでで宝塚を判断してほしくないなー
と思います。

さてさて、そもそも私が認識する
ベルばらはテレビ東京での再放送
夕方5時くらいを少し見たことがあるだけ。
小学生(たぶん低学年)
そしてストーリーも背景も
イマイチわからなかったなぁ・・・。

その後大人になって、会社の仲間の
回し読みでベルばらを読んだけど
ふーんって感じだった。

・・・で、宝塚のベルばらを見る前に
原作もう一度読んでおかなくちゃ!と
図書館でかりてきて読んだら
号泣!!!

マリーアントワネットってひどい人
ってずっと思ってた。
でも彼女もかわいそうな人だった。
(悪い点もたくさんあるけれど)

オスカルの心情も切ない
フェルゼンへの恋心
父への想い
民衆への想い
アンドレへの想い

アンドレのひたむきな愛

どの人にも感情移入できてしまって
あの場面、この場面で
胸が苦しくなりましたよ。

池田理代子さんってすごいわ。
実在した人物を織り交ぜながら
すごい作品作っちゃってるわ。

なんかもう、宝塚で観なくても
原作で充分なくらいになった(笑)

やっぱり子供ができると
乙女目線も残りつつ
母親目線だったり、
全体が見えてくるのだろうか?
以前は「へ〜」って感じだったのが
今回はガッツンときた!

脳内で、きりカル(霧矢さん演じるオスカル)
映像に置き換わっていたからか?

いよいよ明後日!
東京の初日を迎えます。
大劇場は役替わり多すぎて
かなり大変だったようですが、
千秋楽まで元気に頑張ってほしいです!
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
結婚

怒涛の3連休
いや、私は4連休だったのですが、
まあ、あれこれはあとで書きます。

ちょっと世俗から離れていたので
昨晩 あさこさんのご結婚を知りました!

twitter 遡ってたら
そんな情報に出くわして、
「ええぇぇっ?あさこさんが結婚?!」と
声を上げて驚いてしまいました。

そうしたらさー主人が
「何?いとうあさこが結婚?」とか
聞いてくるw

いやいや、瀬奈じゅんさんのことです。

そっかー。
最近はすっかり女優さんになって
綺麗になったなーっと
思っていましたけど、
ご結婚ですか・・・

私はあさこさんのきりやんを
見つめる目が好きでした。
同じ男役同志でしたが、
「ここまでこい!」的な愛情、友情が
感じられるお二人の関係性が
素敵だなと思っていました。

そうですかー。結婚ですかー。
きりさん・・・
うん。
心の準備はしておかないとね(笑)

あさこさんのお相手は
10歳下のダンサーの方
エリザベートのトートのダンサーか・・・。

ふと思ったのですけれど、
宝塚の男役の方って
10代、20代という時期を大人の男を
目指して舞台に励んでいて、
なんかぽっかりと「女子」としての
時間が抜けちゃってて、
退団後にそれがでてくるのかしらw
だからアラフォー、アラフィフになっても
逆に乙女でやんちゃでかわいらしい人が
多いのかもなー。

真矢みきさん、大地真央さん、涼風真世さん・・・
みんな男前だけど、乙女な心を持っているよなぁって。

10歳年下とはいえ、
あさこさんのチャーミングな部分を
受け止めてくれる方なのでしょうね!

お幸せに〜!!

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
| 1/4 | >>