HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
娘も小学校3年生になりました。
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
2013年8月 熱海旅行
さてさて、2日目。

この日は早々に朝ごはんを食べ
タクシーで熱海港へ
初島へ参ります〜

以前、来たことがあるそうですが私、全然記憶にございません(ーー;)

初島へはフェリーで熱海港から30分程度!
その途中かもめさんたちがえさを求めて
船の周りを飛び回ります。

乗客の皆さんがポテチとか
かっぱえびせんとかを差し出すと
上手にキャッチしていきます〜

そんなこんなしていたら、すぐに初島!

今回の目的は「初島アドベンチャーSARUTOBI 」です!
リンクはこちら → 
(HPより)
初島アドベンチャー「SARUTOBI」は,
専用のハーネスを着用して
樹の上を渡っていくヨーロッパで人気の 自然体験施設です。

約30分〜1時間の移動中は 生い茂った木々の間を通り抜けたり
海の景色を眺めたりと 冒険気分を存分に味わう事ができます。

コースは難易度も様々ですが、特別な腕力要りません。
お子様からシニアまで同じレベルで楽しむ事が出来ます。
初級の12コースと中級7コースと最後の約40mのジップスライドと
計20個のアクティビティで出来ています。

各アクティビティのプラットフォームからは、
熱海の街並みや、真鶴半島、三浦半島を遠望することができ、
すばらしい景色とわくわくドキドキの楽しい空中散歩がお楽しみいただけます。


あんじゅさん大丈夫かしら?と
心配でしたが、とりあえずがんばる!というので
つれてきました〜

・・・が、かなり高い!
そしてコース中、各ポイントは一人でしか渡れない為、
手伝ったりしてあげられない。
まず主人→母→あんじゅ→私の順で。
前で母が見本やコツを伝授
後ろで私が応援
であんじゅをフォローしましたが、
それでも途中泣き出しそうでした。

最後まで行かないとハーネス取れないので
なんとかがんばれ!と応援するしかないのです^_^;

本当に本当にがんばって
初級コースのラストまでいけました(*^。^*)

がんばれ!
とひやひやしながら見ていたので、
説明文にあるような海や周りの景色を十分に楽しむ
余裕はありませんでしたw

そして、以外にも(?)
子供よりも大人のほうが怖い〜(≧ω≦。)プププ

子供の体重では揺れない丸太が
大人だとぐわんぐわん揺れる!
前後の丸太がカコーンコキーンとぶつかりまた更に揺れる!
揺れるからバランスを崩しやすくなる!

というわけで、私本人もかなりひやひやしましたよ〜

最後ターザンのように着地するのは面白かったです(*^。^*)

真夏の高所でじりじりと太陽に照らされていたので
終わってから一目散に初島港に戻りました。

娘はカキ氷
大人はビール!
めがね丸さんというお店でランチ!
めがね丸さん → 

めがね丸定食 2,100円
・刺身盛り
・サザエの刺身
・小付け
・お新香
・みそ汁
・ライス
・地魚の煮付け
というボリューム。お刺身とご飯、味噌汁をあんじゅさん
残りはビールのつまみにいただきました!
主人は岩のりラーメン 700円
味見させてもらいましたが、
ふんだんにのりが入っていて美味しかったです!
あとは、とこぶしなんかを頼んでまったり〜

初島名物のところてんをたのんだら
ものすごく美味しい!!!
サクサクとしたところてん

主人に以前サクサクのところてんの
話をしたことがあるのですが
全然わかってもらえず、この初島でその意味が
わかったそうです!
つるんっ!ではなく、歯ざわりがさくっとした
しっかりとしたところてん
本当に美味しかった。
お土産にかってくればよかったと後悔です(ーー;)

船の時間に合わせてお店を後にして、
熱海港→熱海駅へバスで移動。

駅前の足湯でまったりしてから
電車で帰ってきました〜。

1泊2日とはいえ、あれこれ楽しめました(*^。^*)
 
熱海旅行 | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
2013年8月 熱海旅行
え? 今更8月の熱海旅行??

まぁ、今回は初島に行ったので、そのことをちょっと
書いておこうかな〜と思いました。

日程は8/31-9/1の夏休みも本当に最後の土日
宿泊先は伊東園グループの「アタミシーズンホテル」
リンクはこちら→ 
こちらの伊東園グループは365日料金定額
確か¥8,800だったかな?

熱海の花火大会に併せて
母が予約してくれました。
毎年熱海旅行は母が手配してくれるのです。

ホテルにはプールがあり、テラスからは花火も見えるとのこと。
以前から気になってはいたものの、
子供連れはNGだったので、候補には挙がらなかったのですが、
今年になって子供連れもOKになりました!

中途半端な時間に熱海についたため、
駅からの無料シャトルバスがまだありませんでした。
熱海銀座でまずはおそばの昼食。
おいしかったですが、結構なボリューム^_^;

そこから歩いてホテルに向かいました。
暑い中結構歩く・・・
途中いろんなお店を冷やかしながらでは
ありましたが、ちょっと疲れましたw

受付を済ませましたが、まだチェックインできず。
母、私、娘はプールへ。
主人はロビーで一休み。

ホテル自体はござっぱりした感じで
なかなか好感が持てます。

実際にお泊りする部屋(今回は3Fの和室)も
広々としていて良かったです。
既にお布団も敷いてあって、余計な気を使う必要まったくなし!

お風呂もまずまずでした。
脱衣所から階段上ってお風呂に入るのですが、
なんか裸で階段上り下りするのがちょっと・・・・
という感じ。
蒸し風呂(サウナ)は時間によって
男性/女性の入れ替わりとなっていて
面白いなと思いました。

・・・で、問題だったのは食事。
ただただ残念の一言。
ホテルの作りも若干デザイナーズ風のため、
料理もそれっぽい感じなんですが、
おいしいと思えるものがほとんどありませんでした(-_-;)
伊東園グループさんはディナーはアルコール含め
セルフの飲み放題!
あれこれ飲めるのはうれしいのですが、
お料理が(ーー;)

以前泊まった同じグループのニューフジヤホテルのほうが
おいしかったです。
同じ料理だったら、お部屋のきれいなシーズンホテルさんが
いいけど。

熱海なんだからもっと地元のものを
使ってほしいなー。
シンプルな料理がいいなー。
あれこれやりすぎてだめになっている感じ。
メインディッシュが1皿あったのですが、こちらも
何がしたいかわからないお味でした。

驚いたことに、それらの料理を周りのお客さんが
美味しいといって喜んでいたこと。
普段どんなものを召し上がってるの?と
ちょっとびっくりしました。
私としてはファミレス以下の料理でした。

朝食もなんだかなーという感じ。

まあ、安いホテルですから、仕方ないんですけど
ちょっとしたことでもっと良くなるのに・・・
と思うと本当に残念です。

さてさて、夜の花火は途中から雨がふったり止んだりでしたが
何とかテラスからみることができました。
ただ、熱海の花火はやっぱり熱海港から見たほうが良い!
という結論に至りましたw
熱海旅行 | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
| 1/1 |