HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
娘も小学校3年生になりました。
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
<< マイフェアレディ制作発表会@椿山荘  | main | ストレスを抱えない >>
マイフェアレディ制作発表会@椿山荘 
JUGEMテーマ:霧矢大夢
 
さてさて、プレスの方のご質問

〔弧陲気鵑反身瑤気鵑
イライザ役のお話が合った時のことや
どのようなイライザを演じたいか。


きりやん
お話を頂いたのが退団公演の真っ最中
バリバリの男役を演じているときだったので
イライザ役がまったく想像がつかなかった。
そのために3か月もお返事を待っていただいた。

今まだイライザの自分が想像できない。
どのようなイライザになるのでしょう?w
皆様と一緒にお稽古をしていく中で
イライザを作っていきたい。


まとぶん
宝塚時代にミュージカルに度々出演していたので、
退団後暫くは別のお仕事を色々してみたいと思っていた。
でもどこか頭の隅に「マイフェアレディにでたい」
というおこがましい思いがありました。
なので、今回のお話を頂いたときには
大変うれしかったし、私の心を見透かされてる?
と思いましたw

これまでいろいろな方が演じてこられた
イライザなので、皆様にもイライザはこう!
というイメージが出来上がっていると思うが、
そういうものにとらわれずに
自分なりにイライザになれるように努力したい
とのこと。

まとぶんがお話している間もきりやんが
うんうんとうなずいていらっしゃいました。


▲ャスト皆様へ
これまで舞台マイフェアレディを見たことはあるか。
どんな感想を持っているか


きりやん
残念ながら舞台は拝見したことがないとのこと。
映画のイメージがとても強く、
マイフェアレディ = 映画
そういう印象なので、舞台という感じがあまりなかった。

今回は私のように映画の印象が強くて
なかなか舞台は・・・という方にも
観に来て頂けるような作品を作っていきたい。

まとぶん
私も残念ながら舞台は拝見したことがありません。
やはり私も映画の印象が強いです。
あのぉ〜 
もう全部きりやさんが言われた通りなので
・・・がんばりますっ。
すみませんっ。

会場が(笑)に包まれましたw

寺脇さん
大地真央さんの舞台を拝見しました。
おしゃれで粋
粋というと日本の粋のような感じですが
英国のおしゃれな感じ

田山さん
観たことはないとのこと。
台本を読ませて頂いて感じたことは
小さな出会いと目論見から人が成長して、
幸せになるお話。

松尾さん
舞台は見たことがありません。
映画は何度か見たことがあります。
言葉遊びみたいなの部分が
面白いなと思いましたが、
吹き替えで見ているので、英語だと違うんだ
というようなことが後々わかりました。

皆さんがあげているハードルを
下げないように足手まといにならないように
頑張りますと再び仰っていたかな・・・

江波さん
舞台も何度か拝見していますが
作品が素晴らしく、東宝の名作。
そんな作品に出演できるのは
大変光栄です。
夢があって、やさしさがあふれている。
新しい脚本になり楽しみです。

L弧陲気鵑反身瑤気鵑
宝塚の男役時代、お二人とも女性を演じた
経験があるかと思いますが、
今回晴れて女性として女性を演じるという
心境はいかがでしょうか。


ここではこれまでずっときりやんから
回答していたので、きりやんから
まとぶんに先にどうぞみたいに
マイクを渡して、いえいえ霧矢さんお先にどうぞ
いやいやいや・・・みたいなマイクの授受を
質問している間にしていて
司会の小松さんから「どちらからでもどうぞ」
みたいな下りがあって、結局まとぶんが
話だしたのですが、
「あのぉ・・・すいません
マイク色々やっていて
質問途中でわからなくなっちゃいましたっ」と
とってもかわいかったですw

今ふと思ったのですが、
その前の質問で、真飛さんが言いたかったことを
全てきりやんが言ってしまった感じだったので
お先にどうぞ的なきりやんのやさしさだったのかしら。。。

まとぶん
雨に唄えばという作品で女役をしたことがあります。
男役が女役をするときというのは
改めて男役の振る舞いや女性を美しく見せるには
どうしたらよいかなど、先の男役につながるような
勉強の場というような感じです。

・・・きりやんもうんうん頷く。

女性として女性の役をやるのは
これが初めてではないのですが、
ドレスというのは初めてなので、
まずドレスを着こなすというところが
第一歩ですね。今日もこの道を歩くのに
転ばないかとひやひやしました。

あのぉ。霧矢さんもわかると思うのですが、
男役をやっていると背中で哀愁を表現してしまったり
するので、まずはそういうのを取っ払って、
そういうところから始めたいです。

きりやん
(まとぶんの話をうけて)
これまで男役をしていたので、
包容力とか貫禄とかが出てしまう。
寺脇さんの隣で小さくなれるかな?と
体すぼめながら仰ってました。

でも、男でも女でも演じるのは
同じ人間なので心情を大切に
内面重視で演じていきたい。

宝塚男役を卒業した人にありがちな
あ、ちょっとガニ股だよ?とか
手をのせてエスコートされるところで
逆に手を取っちゃったりとか
そういのもあるかもですけれどW

そんなこんなで
背中で哀愁を漂わせるまとぶん
エスコートしてしまうきりやんの
横にいらっしゃった寺脇さんがマイクを・・・

貴婦人に仕上げるっていう話なんですけど
なんかお二人に男らしくされていくっていう
話みたいな (笑)

先ほども会場に来るまでの間
霧矢さん、すっごい早足で
このお衣裳なのに、カッカッカッと
歩いてらっしゃって、この背中について行こう!
って思っちゃいました と笑を誘っていました。

でも最後は
頑張ってお二人をレディに仕立てます!と
仰っていました!

これ以降は囲み取材ということで、
オーディエンスは退場。

45分という短い時間でしたが、
制作発表ってこんな感じなんだーていうのが
わかりましたし、
今まで静止画だったイライザきりやんが動いて
笑っているのも見れて、
幸せな時間でした!
きりやん | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク
- | - | -  ▲ TOP
Comment











ミライ様〜

そうなの。当たっちゃんです!
もう今年の運を使ってしまったかも(^^ゞ

なんか女性の恰好でインタビューに応えるきりやんが不思議な感じでしたw

5月楽しみですね!
AI | 2013/02/25 9:57 AM |



AIさま
こんにちは(*^^*)お久しぶりでございます。
レポートありがとうございました!
生イライザきりやんを見られたんですね〜♪
本当に羨ましい!!
いよいよ動き出したきりやんの女優活動楽しみで仕方ないですね〜♪( ´▽`)
ミライ | 2013/02/23 12:12 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hoihoiai.jugem.jp/trackback/2276