HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
娘も小学校3年生になりました。
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
<< 2015 レミング | main | 2015 レミング >>
2015 レミング
JUGEMテーマ:霧矢大夢

,茲蠡海い討い泙后

タロとジロは当初二人に見えるのですが、
実は一人であるという複線があった!
というところまで書きました。

その複線の1つは、部屋の壁がなくなり、
壁を直すためにやってきた
「あるようにするべき課」のお二人。
元あった位置に正しく壁を作らなければならないが、
これが難しい。互いの欲望で壁の位置はずれてしまう。
それがずれると朝夜の長さも変わってしまう。
というような内容の箇所。

これ、何の話なんだかさっぱりわからなかったのですが、
この壁は別に隣人との間にある壁ではないということですね?
タロという人格、ジロという人格
その2つの人格のバランスが重要ということ。
そのバランスが崩れることで、どんどんおかしな方向へ行ってしまう。

2つ目は屋根裏部屋からアパートの様々な部屋を覗く男達。
副音声でお伝えしますといって2人の男が左右で
私の声はお前の声、みたいなことを言い合うところ。
直接的にタロ&ジロとは関わっていないのですが、
二人に見えるが本当は一人。
本当ってなんだ?一人に見えるが二人かもしれない。
そこと繋がっているんですね!

さて、話をタロ&ジロの部屋に戻すと、
壁がなくなり、隣の宇宙と交信する女とその夫の部屋に
入ってしまう。夫が死にそうで、女はジロに医者を呼びに行けといわれる。
出て行ったけど、医者呼びに行ってないよね??

ジロは大家のところいにき、壁を直すよう依頼。
でも大家(なぜだか4人)は東京の色々な地名を言いつつ、
囲碁をさし、そんなアパートはないよと言い放つ。

この囲碁をさす音を効果的に使っているのも斬新でした!
中華料理名を連呼する場面でも
タテ、ヨコ、ナナメ をリズミカルに連呼し
この囲碁のシーンでも南がどうの西にどうのという
表現がされていた気がします。
2次元を表していたのですかね??

お話しを戻して、じゃぁ、自分は誰なんだ?
どこに住んでるんだ?
そんな迷宮に迷いこむジロ。

さてさて、私 このお話の前提を
すっかり勘違いしてたのです。
中華料理のコック見習いのタロとジロが同じ部屋で暮らしていた。
その床下にはタロの母

それしかないのに、私、タロとジロを勝手に
兄弟にしてしまっていましたw
それなので、床下の母がタロのことには触れるけれど、
ジロには全く触れない。
タロジロが精神病と言われても
うちの息子達じゃなく、息子という。
あれ?ジロって母に見えてないの?
ということは・・・あの二人ってもしかして一人?!
勘違いから二人は一人説をとなえ始めたのですが、
なんか結果オーライだったようです(笑)

というわけで、メインはタロでいきましょう。
タロの心の中では母を大切に思う気持ちと疎ましく思う気持ちが
交錯している。

この気持ち、とても良くわかる。
姥捨て山に捨てたいとは思わないけれど、
私ももう良い大人なので放っておいてと思う。
私はいつまでたっても母にとっては子なのだけれど、
それが面倒なときもあるw

母だからこそ自分を肯定的に受け入れて欲しいのに、
自分が思い描いていることと母の意見が合致しない。
(苛立ち、憎しみ)

そしていつまでも若い頃の母のままでいて欲しいのに、
どんどん老いていく。(切なさ、悲しさ)

そういう現実から逃れるために
タロは(心の中で)床下に母を閉じ込めたのでしょう。

よくサザエさんやちびまるこちゃんで出てくる
心の中の悪魔と天使みたいな・・・
頭では理解しているけれど、心とちぐはぐしているような状態

それが母のシーンで表現されているのかな?

途中、ちり紙交換で老人を回収して、安楽死
必要であれば、若手の老人を派遣するという部分、
とてもシュールだけど、都会=無機質だと
簡単にこういうこと言い出しそうな人いそうよね。

そして、一瞬タロの頭の中でも
年老いた母を引き取ってもらって安楽死
という思いが過ぎる。
タロの彼女は母を疎ましく思い、安楽死させろという。
結婚、結婚と迫ってくる。

でもタロは大切な母をそんな風に扱ってはいけないという
「常識」「理性」を選ぶ。心ではない、「現実」のほうを選ぶ。

この作品のキーパーソン二人のうちの一人、
ライフルをもって歩く探検隊の女性

彼女はタロが自分の心を探っている象徴なのでは
ないかしら?
タロは母をちり紙交換に出さず、床下に入れたままにした後
下手へ消え、今度は上手へ消え、再び舞台中央へ。
するとライフルを持った女性が彼を通りすぎていく。

彼は本当は心の奥底にある、母を疎む自分の心の闇を
見てしまったのだな と感じました。

そしてそんな自分から逃れたくて見た夢が
影山影子なのではないかしら。
きりやん | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク
- | - | -  ▲ TOP
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hoihoiai.jugem.jp/trackback/2409