HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
娘も小学校3年生になりました。
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
<< 2015 レミング | main | 2015 レミング >>
2015 レミング
JUGEMテーマ:霧矢大夢
さて、牢獄のシーン
独房なのにタロとジロ二人が入っている。
この辺りも本当は一人だから独房で良いということでしょうね。

絶望に打ちひしがれるタロと
壁に扉を書いてそこから出て行こうとするジロ
明暗の対極
そんな中、ジロが書いた扉が開き、
ジロと共に外へでようとするタロ
そこでまた探検の女性が看守の衣装で登場。
高笑いと共に、タロとジロを撃ち続ける

この箱の中から抜け出せるかもしれない!
自分の心が明るい希望へ寄った後、
心の奥にある「そんなに上手くいかないさ」
という彼の心の声が高笑いと銃撃なのかな・・・

そうそう。
独房のシーンの前にアンサンブルの方々が
ねずみに扮して7拍子でフォーメーション組むところ好きです。
相当練習を重ねたんだろうなー。

話しを進めて、部屋でジロを撃とうとしている影子様を
とめようとするタロ。
状況がつかめないタロに二人は台詞を言えという。
よくわからないまま、影子の世界に連れて行かれる。
タロは影子の子供の役、そして日本人であることがばれてしまい、
明日追っ手がやってくるという。満州から逃げ出そう!

このときの影子様、母であり、少年ぽさもあり、
とても素敵です!

医者と看護婦がやってきて、影子様を検診
これも精神病患者のための治療法方で
一人の人のために多数の人(映画スタッフ)が協力しているという。

どこまでが本当でどこからが虚の世界なのかわからなくなります。

そして、影子様はタロを撃とうとする。
嘘の世界なのに撃たれるのがいやなのかと尋ねる。
嘘の世界で撃たれたくないなら、本当の世界で撃たれるしかないとも言う。

撃たれたタロは自分の部屋で横たわっている。
心配した床下の母はタロを起こす。

タロは俺は今死んでいるんだ!
影山影子という美しい女優の夢の中で、
撃たれて死んでいるんだ!と嬉しそうに語る。

人様の夢で撃たれて喜んでいる息子の気が知れない母。
そして夢の中であろうとも自分の息子を撃ったことが許せない母

息子は夢の中に閉じこもり、支払いや仕事という現実を受け入れようとしない。
息子から現実を奪った夢に怒る母

目の前で起きている現実の世界をこれはきっと私の夢。
悪い夢に違いないと暴れる母。

・・・と、そこに現れる床下に広がる幸せな世界。
畑の中央に1つの家。
働きに出た息子はその家に帰ってくる。
母と一緒にむつまじく暮らす。
それが母の理想、願望

それをを壊したのは息子
母は息子に襲い掛かる。
そこへ探検の女性が現れて、自分の夢の中に自分の知らない人がいる。
あぁ・・・これは夢ではない。現実なのだと。
母はその現実を受け入れられなかったからなのか、
それとも夢なら何をしてもいいけれど、
現実の世界で息子に襲い掛かったことがショックだったのか
タロの前から姿を消す。
きりやん | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク
- | - | -  ▲ TOP
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hoihoiai.jugem.jp/trackback/2411