HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
娘も小学校3年生になりました。
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
<< 墓じまい | main | 墓じまい >>
墓じまい
JUGEMテーマ:改葬
前回までのお話 → 墓じまい

想定外の出来事

一般的には四十九日法要の後に納骨しますよね?
関東でお葬式というと、
通夜→告別式→火葬→精進落とし→四十九日法要
通夜以外は1日で終わらせることがほとんどなのではないでしょうか。

その為、火葬からすぐに四十九日法要はアリだと
私も思っていました。

母も「納骨する=四十九日法要も併せて行う」
と思っていたようなんですね。

住職が電話口で
「戒名と納骨で○○万円でいいよ!すぐに骨いれたいんだろ?」
と乱暴な口調で母に伝えた時も
四十九日法要まで入れてで○○万円なら、
仕方ないかとも思っていたようです。

ところが、
納骨後のお茶飲みながらの話で、
「今日納骨したわけだけれど、
位牌を用意したら、四十九日の法要。
その時に(位牌に)魂入れね。
年明けてからでいいね。
土日のほうがいいんだろ?」
という話を住職がしはじめた!

私も母も「はい???」
別に四十九日するの???

頭の中?が飛び交ってばかりで、
よくわからない。
何せ仏教に明るくないですからね。

墓石のこともですし、
四十九日のこともですが、
腑に落ちないまま、その日はお寺を後にしました。

お墓の状態があんなことになっているのであれば、
わざわざ納骨しなければよかった。
納骨してしまったが故に、
面倒なことがこれから待ち受けていることを
その日知る由もありませんでした。

Δ愨海
墓じまい | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク
- | - | -  ▲ TOP
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hoihoiai.jugem.jp/trackback/2420