HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
娘も小学校3年生になりました。
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
<< 墓じまい | main | 墓じまい >>
墓じまい
JUGEMテーマ:改葬
前回までのお話 → 墓じまい

葬式は仏
七五三は神
結婚式はキリスト
を何事もないように経験し、信仰とはかけ離れている
アラフォーの発言ですので、
不謹慎な表現や信仰心のある方にとって不愉快な表現が
あるかもしれませんが、お許し下さい。

納骨を終えた後、腑に落ちないまま
今後墓をどうして行くか、母から相談を受けました。

私が言えることは
母が墓に入るつもりなら、補修をして母が入るまで
墓を存続させた方が良いのでは?
ということだけでした。
その場合、まぁ、その後の墓守は私になるんだろうなぁ。
その程度の考えしかありません。
とりあえずは墓石屋からの見積もりを待って
検討しようということになりました。

それまで墓じまいに関する知識はほとんどありませんでした。
・墓じまいするときには更地にしてお寺に返す
・更地にするにも100万円程度かかる。
この2つは以前、母に聞いたことがありました。

今回、選択肢の1つに墓じまいがあり、
自分でも色々調べましたが、
うちのお墓は小さな山の上にあり、
更地に戻す為に墓石をおろすには
手作業になることから、高額になるのは予測できました。

また、墓に納骨した遺骨は手元保管することが出来ず、
納骨ができる移転先が必要という事実を知りました。

ずっと手元にある遺骨であれば、法的に何の問題もありませんが、
一度納骨した遺骨は次の納骨先が決まっていないと
取り出すことが出来ない、手続き等が出来ないのです。

おばあちゃんの遺骨
納骨したばかりでこの事実を知って、
軽くショックを受けました。

墓石屋も納骨する前に墓の話してくれてれば、
納骨一旦中止したのに・・・。
住職から、納骨するときに話せばいいくらいに
言われていたのか?!

そうこうしているうちに墓石屋から見積もりが届き、
金額にビックリ。
この連載(?)の,北瓩襪錣韻任垢、
金銭的に一番安いのは墓じまいでした。
ただ、3つの遺骨の移転先が必要で、
そこにももちろん費用が発生します。

・・・というわけで、仮に墓じまいの場合には
どうするかまず、情報を集めました。

我が家で話し合ったのは
*散骨
*永代供養
の2種

どこか別のところにお墓を・・・
と思っても結局それだったら、不便ですが
今のお墓を補修しても大差ないのでは?
という部分もあり、将来的に私が
墓守にならなくてもいいようにとの
母の配慮もありました。
そして(ごめんなさい)私もそのほうが
有難いです。

散骨も様々で海洋散骨や樹木散骨、
最近は宇宙散骨というのもあるそうです。
でも3つあるわけで、出来る限りリーズナブルに
済ませたいところが本音です。
海洋散骨では¥55,00〜というところもあり、
散骨するのであれば、こういったところが良いかな?
と思いました。

もう一方の永代供養ですが、
都内にいくつかあり、母も資料を請求したようですが、
叔母からの情報で、
1霊 ¥30,000で永代供養していただけるところがありました。
価格的にも大変リーズナブル

霊の供養に『リーズナブル』という表現は不適切と
思われるかもしれませんが、無くなった方にお金を
かけるのであれば、生きている人に使ったほうが良い
というのが母と私の共通の意見です。

母にも何も残さなくていいから、
最期まで楽しく遊び、使いたいものにお金を
使って欲しいと思ってます。
→あれこれ買いたがるのを静止してはいますがw

信心深い方はバチ当たりな!と思われるかもしれませんが、
そのバチは私が背負うからいいです。
心配しないで下さい。

Г愨海
墓じまい | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク
- | - | -  ▲ TOP
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hoihoiai.jugem.jp/trackback/2421