HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
この春 中学生になる娘との
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
あ。主人もいますw
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
<< テキサス! | main | 手帳をオーダーしました >>
35歳までに必ず身につけるべき10の習慣

著者は元アデコキャリアスタッフの社長だった方です。

とても読みやすく、気楽に読める本でした。
いいことが書かれているのですが、
読む人の立場によって捕らえ方が違うかな?という
点も諸所ありました。

たとえば、歌手になると頑張っていたが
途中でその夢をあきらめて、営業になった。
営業としての才覚があり、成功した人の話。

あきらめも肝心という話ですが
それは成功したからこそいえる結果なのでは?
あきらめても天職にめぐり合えず
おちていく人のほうが多いと思います。

また、営業としての才覚はあるのに
業績を上げられない営業所長の話
彼は家族が1番、仕事は2番
もったいない。才覚があるのだから
意識を変えればもっと成功している。
そういう所長のいる部署は全体の
モチベーションも下がるとまとめられていました。
確かにそうなんですが、なんか
腑に落ちませんでした。

著者は「営業」という仕事こそが
重要と思っているようなので
営業職の方が読むともっと心に響くのかもしれません。

まあ、どんなに素晴らしいものを
作っても、営業がしっかりその商品を
アピールしないと売れないというのも事実です。

ただ、だからといって、全ての職種の人が
営業精神を持つべきか?という点に関して
私は考え方が異なるので、読んでいても
あーそうなんだ。程度の感想が多かったです。

それでも なるほど!と思った話はありましたが
いくつかピックアップすると

「当たり前のことを 当たり前に行うことこそ難しい」
「競合他社の悪口を言わない。むしろ褒める」
「上り調子の人の周りに人は集まる。
 くだり調子になると人は離れていく。
 そういうときこそ支えてあげる」
「30点の人には31点の説明を」
「人付き合いとは人に合わせるということ」
などなど

見開き2ページで1話になっているので
その日の気分で1話ずつ読んでもいいかもしれませんね。




35歳までに必ず身につけるべき10の習慣
読書 | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
スポンサーサイト
スポンサードリンク
- | - | -  ▲ TOP
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://hoihoiai.jugem.jp/trackback/865