HOI HOI AI LIFE

HOI HOI(ホイホイ)とはハワイの言葉で『幸せ』という意味。
娘も小学校3年生になりました。
あれこれホイホイ生活を書いてます(*^。^*)
スポンサーサイト
スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -  ▲ TOP
1/7の読売新聞

ちょっと奥様〜
みました?新聞?

1/7の読売新聞ですわよ〜!

普段通りに何気なく見ていたら、
突然みりおが?!

DSC_0254.JPG

きゃー みりお〜!

主人にみりお! みてこれ! みりお!
って興奮気味に言ったら
冷ややかな視線が。。。。

これはみりおちゃんと言ってね、
明日海りおちゃんよ!
と説明するもふーん(゜-゜)

まあ、仕方ないか
いまだにきりやんを見分けられないんですものね。

この広告、突然すぎて、びっくり
そしてうれしい。
(→月組っこの活躍はなんでもうれしいw)
いや、それにしても
VISAの広告でカラーで全国紙に載るなんて!
大きくなったね〜

・・・いや、宝塚見始めて間もないし、
なんでこんな親目線なんだろう(笑)

春には花組に行っちゃうんだね。
名実ともに看板になるんだね・・・
DSC_0256.JPG

ちょっとしみじみしちゃうけど、
たぶん花組に行ってもみりおちゃんを応援するんだろう。

そして月もみて花もみてって・・・

やっぱり転職考えた方がいいかな〜
お小遣い足りない(@_@)

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
組替え
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

こんなにもショックを受けるとは
自分でも想像しておりませんでした。

【月組】
明日海りお・・・2013年3月25日付で花組へ組替え

現在月組準トップ みりお
→準トップってなんだよ?が未だ私の中で
解消されておりませんが・・・。

それでもまさおのトップ就任のインタビューで
まさおが、トップ&準トップに関して、
「説明を受けて、自分自身納得した」と
言っていた。本人が(本当かわからないけど)納得した
以上、あれこれ言っても仕方ないと思ってた。

トップお披露目が役替わりのロミジュリ
作品にも驚いたけど、お披露目なのに
役替わり?!
が一番驚いた。

そのあとは全ツと青年館で別れて
じゃあ、次!と思ったら
今度はベルばら
そしてまたもやの役替わり・・・

準トップというのは役替わりのお相手
ということなのか?
トップに単独主演をさせないの?
そんなもやもやが
いっぱいあった。

みりおが花組に組み替えした後の
月組に「準トップ」というポジションはないでしょう。

と考えると、「準トップ」という役割は
まさおが組トップとして固まるまでの補佐だったのかな。

劇団がまさおひとりでも大丈夫
と判断したということなのかしら・・・。
まあ、それよりも100周年を
みりおがそれなりのポジションで迎えるという
意図なんでしょうけど。

みりおはどうなんだろう。
もう、次期花組トップは確定だろうけど、
準トップからふつうの2番手になるわけだ。
ベルばらだってたくさんの役替わり
良い経験だし、トップになるための修行と言われれば
その通りかもしれないけど。。。

きりやん、まさお、みりおの並び大好きな私としては
本当に寂しい限り。
このまま永遠に役替わりされても
困るけど、まさおとみりおのショーが見たかった。

正直なところ、きりやん時代の2番手のまさお
3番手のみりおはちょっともの足りないというか
もっとガッツリとトップを支えてほしいみたいな
感じがあった。アサコさんはきりやんが2番手
ポジションで支えていて、うらやましいな〜なんて
思ったりもした。

私の場合、映像を遡ってみる限りだから
余計そう思うのかもしれない。

でもきりやん、まさお、みりおって出てくると
安心したのも確か。
そしてきりやん退団後、私はまだ二人の舞台を
見ていない。
来年のベルばらが最初で最後になっちゃう。

寂しいな。。。

そう思うと生え抜きでトップになるって
ものすごいことなんだなぁ。
まさお頑張れ!月を頼むぞ!と応援したくなります。

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
同じなのね〜

カテゴリー迷いましたw

女優の北川景子ちゃん

最近出演するバラエティ番組では
いつも宝塚大好き!という
お話をされています。

初観劇は今年の春
花組さんだったようで、
蘭寿とむさんのファンになったとのこと。

私も同じような時期にきりやんの
ファンになったのですが、
北川景子ちゃんの言動とか
反応とかが、もうそれはよく理解できる!!

そして、たぶん宝塚で初めて
ご贔屓に堕ちる時は
みんなこの道を通るんだ!と
改めて思った次第です。

私ばかりがおかしなことに
なっているのかと
思ったけど安心した(笑)

先日の北川景子ちゃんのブログ→
をみても明白

まずは「様」づけw
尊敬語で「様」というのではない。
神のような存在で自然と「様」が付きます。

続いて「最高!」の連発
私の場合「素敵!」でしたけど、
もう言葉では表現できない域に達しています。

加えて、ご贔屓の舞台やら何やらを見ると
肌の調子が良くなる!
女性ホルモンの分泌が
活発になるのだと思いますw

そして、
「蘭寿様の公演を見たことがない方は
人生かなり損しているんじゃないかと、
いつも帰り道に心配になります。」
というように、自分が出会ってしまった
ご贔屓の凄さ、素晴らしさで
若干盲目になるのですw

男女の恋よりも
何か動かされるものがあるんですよね・・・。
駆け引きがない分
心がストレートに反応するのかなぁ。

兎にも角にも
宝塚大好きを公言して
ヅカ道を登っていく
北川景子ちゃん!

以前から好きな女優さんのおひとりでしたが、
最近はさらに好きになりました〜w

TAKARAZUKA | comments(2) | trackbacks(0)  ▲ TOP
まさお君考

ロングインタビューの話から
大分それてしまったので
パート2(笑)

まさお君のインタビュー見るとね、
ああ、この子いい子だな〜って思うw
⇒なぜか上から目線w

なんとなく、自分を説得しているような
部分もあるのですが、
トップになったこと
トップなのに役替わりなこと
自分の言葉でちゃんと話してました。

特に印象的だったのをいくつか・・・
「自分で言ったら逃げていると思われるかもしれないけれど、
未熟な部分も含めてみてほしい」

「自分の方が上級生なので、ちゃぴと一緒に成長して、
舞台の上で愛し合いたい」

「ロミジュリ本番の数日前にちゃぴの様子がおかしくなった。
緊張したり不安に思ったりしていたんだと思う。
言えなかったけど、自分も同じ気持ちだった」

「ロミジュリ本番当日、突然不安に襲われたけど
入り待ちのファンの方々に背中を押してもらえた」
・・・といって涙ぐむところ。

「元気がないときにちゃぴの笑顔で元気になる。
ふにゃっているところみるとかわいいと思える」

ちゃぴに対して「上級生だから自分に気を遣うだろうけど
自分を飾らず、こういうふうだから負担かもしれないけど、
自分がこんな想いになれるのは生涯ちゃぴしかいない」

インタビュー見て
まさお かわいいなぁ〜と思った。
犬っぽい!ペットにしたいw

そしてやっぱり大人の男ではなく
少年〜青年タイプなんだ!
俺についてこい的な感じではなく、
俺でいいかな?な感じ?w

なんでも受け止めてあげるような包容力は
ないけれど、手と手を取り一緒に頑張ろう!
っていう感じです。

私の理想の男性像は
どちらかというと包容力があって、
女性を対等に扱ってくれるタイプ
あぁ。だれかさんですねw

そして、これまで少年タイプの男子が
いいなぁなんて思ったことなかったんですけど、
まさお見てたらなんかその気持ちがちょっとわかりました。
(えぇ、まぁ、実際は女子なんですけども)

ちょっと話がそれますが、
先日娘が大好きなジュエルペット
というアニメを見ていて
登場人物の男子4人の性格が一人ずつ
混ざっていくストーリー

・熱血感の体力・気力勝負のレッド
・クールで女子にやさしいのブルー
・おおらかで包容力があるイエロー
・最年少でやんちゃなグリーン

レッド+ブルー=紳士的なパープル
パープル+イエロー=さわやか系オリーブ
オリーブ+グリーン=やんちゃ系グレー

礼儀もわきまえ、癒されキャラ
やんちゃで子犬のようなグレー。
はずかしげなキラキラ笑顔なのに
俺じゃだめか!なんて聞く。

それ見たときに
本当にまさお君が浮かんだんだよね〜。

うん。正直なところまさおくんには
あまり色気を感じない。
その割にねちっこいので
どう扱ってよいのやら?という感じでは
あるのですが、次回のオスカルは
期待しています!!!

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
まさお君考

昨晩はなぜだか突然に
録画してあるスカイステージの
龍 真咲 ロングインタビューを
みてしまいました。

きりやんが退団し、月組トップとなったまさお君
トップ就任の前後の想いなどがテーマのインタビュー
以前も見たのですが、なんだか突然に
みちゃいましたw

私のまさお君の印象は
若い
キラキラ
という2つ
(・・・あとねちっこいw)

若いといっても初舞台から12年
そうそう若手ではないんですけど
なんだかとっても若い かわいいイメージ
でもってキラキラw

2番手時代もなんていうか、
好敵手という感じではないかな〜と
勝手に思ってました。
まあ、そもそも私が実際にみたのは
アルジェとエド8だけなんで
好敵手的な作品でないこともあると思います。

適役ではあるんだけど好敵手ではない

トップとの「二人の男の友情」みたいな作品が
なかったから、そんなイメージになっちゃうのかな。

きりやんとの学年が
少し離れていることが
その原因なのか、なんなのかが
わからないんですけど
2番手ではあるのですが、なんかもうちょっと
ドッシリ感がほしかったというか・・。
表現が難しい

若さとキラキラはまさおくんの魅力だと
思うのですが、その反面、頭を撫でられる方で
頭を撫でてあげる感じが想像できない

あれ?また可笑しな例えになっちゃった?w

ロミジュリ
全ツ
とまだまさお君トップを間近で
見ていません。
それは日程や予算が合わなかったり
いろいろあるのですが、
なんか、キラキラのまさお君のトップを
見てしまうのが、
ちょっと怖かったというか
なんかフレッシュさにビビッてしまったというか

書いてて思ったのですが
良い意味でも悪い意味でも
貫禄がないんだと思う。

以前もちょっと書いたのですが、
まさお君のトップ就任、あと2年くらい
待てなかったのかな〜って思い。
まあ、その2年で貫禄がでるのかは
わかりませんけれどね。

とはいえ、こんなにキラキラしたトップスター
なかなかいないと思うし、
その・・・なんていうか、守ってあげたい
ようなトップっていうのも
新しさではあるかなぁ・・・と。

いろいろなタイプがいて良いし
だからこそ宝塚が面白いって思うと
今ちゃんと見ておかなくちゃと思いましたw

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
贔屓

宝塚に出会い、
この『贔屓』という言葉を
日常会話で使っているのですが、
一般的には早々使わないですよね(笑)

うーん、まあ、ご贔屓の店
とかで使ったりはするのだろうか?

それにしてもなんでこう、「貝」が多いんだろう・・・

贔屓とは
【意味】気に入った人を特に可愛がったり、引き立てること

【語源】中国の伝説上の生物である贔屓。
→「贔屓」を古くは「贔屭」と書いた。「贔」は「貝」が三つで、
これは財貨が多くあることを表したもの。
「屭」はその「贔」を「尸」の下に置いたもので、
財貨を多く抱えることを表したものである。
「この財貨を多く抱える」が、「大きな荷物を背負う」を経て、
「盛んに力を使う」「鼻息を荒くして働く」などの意味をもつようになった。
※wiki より転写

勉強になりました。
今、テストで「ひいき」を書きなさいって問題がでたら
一発で書けるよ!!!

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
すごいな〜

宝塚のファンの方はみんなすごいな〜と
思うのは宝塚まで遠征したり、
逆に東京へ遠征をしたり。

全国ツアーを追いかけたり、

博多座まで行ったり。

公演のチケットだってまあそれなりの
お値段しますし、皆さん頑張っていらっしゃる!

お気持ちはとっても分かるのですが、
我が家にそれほどの財政能力がない(>_<)

うん。大阪あたりまでなら
いっちゃうかも。
日帰りだったら。
→これはやっぱり子供いるんで
趣味で泊りがけはちょっと気がひける(*_*)

でもやっぱり、見たい、会いたい気持ちが
募ったら行っちゃうなーって。

現役でいらっしゃったら博多とかも
友達がいるし・・・なんて理由で
行っちゃってたと思う。

いやいや。これからもまだ行っちゃうかもしれない。
頑張って働きますw

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
ダンサセレナータ
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団
 星組 ダンサセレナータ/セレブリティ
観てきました!

これまでは
月組と雪組(仮面の男のみ)だったので
柚希さん率いる星は初めてでした。

昔から組ごとにカラ―が違うと
言われているようですが、
きりやんの月組をみてから
みると、やっぱり全然違いますね。

でも組ごとのカラーというよりは、
トップの人柄というか、トップの色によって
組の印象がちがってくるのかな?と感じました。

柚希さんはファンサービスも多く、
男っぽさも十分

今回はお芝居もダンスものなので
しょっぱなから群舞
ところどころに群舞
1幕終わった後、大変だなー。
この後また踊るんだとちょっと気の毒に。
案の定脇の方の人は最後のほう
ちょっとばてたのか脚の上がりが悪かったり
してましたが、トップの柚希さんの
体力とがんばりに圧倒されました!

一緒に行った母は
これまでの中で一番話がわかりやすかった。
歌もはずす人がいなくて良いのでは?
という評価でした。

私の星組の印象は
ノリでつっぱしる 感じですかね。
柚希さんのキャラがそうしているのか、
脇を支える2、3番手がしっかりしていて、
抑えるところを抑えているから
ガーっていけてる感じがしました。

でも舞台をみていて、
踊っているトップをみて、
あぁ。きりやんならそうしないだろうな。
あぁ、まりもちゃんならあそこはもっとためて踊るだろうな
とかそんなことばかり考えてしまったorz

本当に失礼な話なんですけど
舞台にきりやんの影を追ってしまいました・・・

柚木さんは声が低いので
歌の音程によってちょっと歌詞が聞き取りづらい。
レビューの高い音程の曲はとっても上手だったから
歌うまい&踊れる 方なのだと思うけれど
きりやんのあの滑舌になれてしまっていると
ん?と思ってしまったりw
でもたぶんあの滑舌ゆえに男女の甘い仲
狂わされてもいいかも・・・というフェロモンが
減ってしまっていたのかも。

どこにキュンポイントを持ってくるか
それによってやっぱりどなたのファンになるのかが
変わってくるのですね・・・

奥深いわ、宝塚!

そしてスカイステージでみたノバボサノバに
引き続き、ダンサセレナータは柚希さんの主演で◎
星組で◎でした。

月にはなんだか似合わない
そんな感想で帰ってきました~
TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
久々の
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

明日はエド8の前楽以来の
宝塚観劇です。

なんかちょっと
ソワソワする。

舞台に集中できるかなぁって。

そしてあの劇場の空間を思い出すと
とっても切なくなる。

私のTHE 宝塚がきりやんだから
その人がいない舞台はどうだろうか・・・

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
永遠に役代わり?
JUGEMテーマ:宝塚歌劇団

今朝の新聞で
雪組 時期トップが
壮 一帆 さんと
愛加あゆさんに
決まったことを知りました^_^;

超アナログw

で、早速宝塚のページを見たわけですよ。

そうしたら、来年の公演の発表が出ていました。
ベルバラです!!

『ベルサイユのばら』−オスカルとアンドレ編を月組が
『ベルサイユのばら』−フェルゼン編を雪組
がやるそうです。

月組
宝塚 1〜2月
東京 2〜3月

雪組
宝塚 4〜5月
東京 6〜7月

ずーっとベルバラ?と思うと・・・
ですが、宝塚を代表する作品!と
宝塚が思っているので
まあ、このあたりは仕方なし。

100周年に向けてのイベントのようなものですし。

・・・で
目を疑ったのが配役です。

オスカル: 龍 真咲/ 明日海りお(役替わり)
アンドレ: 明日海りお/龍 真咲 (役替わり)

えー!!!!

また役替わりなの?!

まさお一人でやらせてあげないの?
全国ツアーとか
そういうのは一人でさせて、
大劇場公演は全部役替わりでいく
つもりなのでしょうか・・・。

お披露目公演での
役替わりで衝撃を受けたのに、
来年も?!

なんですか、
トップスター &準トップスターは
延々と役替わりなの?

月組はどうなっちゃうの?

なんだか超心配なんですけど。

雪組は時期トップの壮さんは役替わりなんてない。
ということは、
準トップという新しい肩書きは
ずーっと役替わりさせるっていう
ことだったのか・・・
それならWトップでいいじゃないか。

なんか全然腑に落ちません(>_<)

TAKARAZUKA | comments(0) | trackbacks(0)  ▲ TOP
<< | 2/4 | >>